化石燃料を使わず、マンパワーだけで時速20㎞以上の移動を可能にする

スポーツ自転車は人類史上、最も優れた道具の一つです。

エネルギー効率が良く、楽に移動できることから世界中の人々が競技やレジャー

を通じ、このスポーツ自転車を楽しんでいます。  

また、環境先進国(オランダやデンマークなど)では、持続可能な世界を実現するため、

スポーツ自転車の普及を国家レベルで推進しています。 

日本においては、エネルギー効率が低く、速度も遅い一般自転車が日常のアシとしての

役割を担っているため、スポーツ自転車はその名が表すとおりスポーツやレジャーの道具と

いった限定した認識が一般的です。


サイクルシフトが目指すもの

 

・スポーツ自転車で毎日の暮らしを支える社会サービスを増やしたい。 

・車でしていた仕事をスポーツ自転車に変えることができるかを考える。 

・スポーツ自転車の正しい乗り方やマナー啓蒙を発信し、多くの方々の

安全で健康的な生活をサポートする。 

サイクルシフト 代表 松岡 淳(Matsoka JUN)

プロフィール

東京都出身

倉敷市在住

横浜市在住の頃、勤務先の新宿までの往復90㎞の自転車通勤を思いつき年間後に倉敷市に

移住した後も岡山市までの往復40㎞の自転車通勤を16年間経験したことで、スポーツ自転車の

トレーニングやレジャーだけでない可能性を考えるようになりました。

スポーツ自転車は健全で健康的な社会を実現するアイテムとして優れたポテンシャルを発揮できると信じています 

       一般自転車(ママチャリ等)からスポーツ自転車にシフトする。 

         自転車(=サイクル)にできる仕事は自転車にシフトする。 

         化石燃料に頼る社会から持続可能な社会にシフトする。

こんな思いを持ってサイクルシフトは2015年の夏から活動を開始しました。