持続可能なエネルギーのひとつである人力を最も効率よく働かせる装置が自転車です。なかでも近年のスポーツ自転車の発達は目覚しく、素材や設計革新は日進月歩の様相です。とはいえ、その利用はレースやトレーニング、ホビーといった分野に留まっているのが現状です。もっと積極的にくらしの中でこの装置を使うことで、地球と人にやさしい社会の実現が身近なものになります。趣味だけでないスポーツ自転車の普及をサイクルシフトは目指します。